ブログ

★モーニングメール6/24★

13522945_999037536862194_7914882927557893782_o

【今日の天気】
北海道- 曇りのち晴れ  21℃/16℃
東北 - 曇りのち雨   26℃/21℃
関東 - 曇りのち雨   26℃/21℃
東海 - 曇りのち雨   28℃/20℃
関西 - 曇りのち雨   28℃/20℃
中国 - 曇りのち雨   28℃/22℃ 
九州 - 雨       31℃/23℃ 
沖縄 - 晴れ      33℃/29℃
【今日の血液型占い】
1位 B型-大幸運の気配!一発逆転の勝利だってありそうよ。あきらめず頑張り続けるファイトが必要ネ!
2位 A型-運気は上昇中なのに、なぜか自分だけが世の中の波に乗り遅れているような寂しさを感じるかも。
3位 AB型-やる気は十分、でも空回りの暗示。裏目裏目・タイミングのズレに悩まされそうです。気負い過ぎているのかもしれませんネ!
4位 O型-気分がクサクサして、けだる一日になりそうです。人との付き合いに疲れが出てるのかな?
【今日の担当ニュース】
おはようございます!中山です(^^)
世は相変わらず糖質制限ブームです。
「糖質のない焼酎に変えたから、いくら飲んでも大丈夫」「炭水化物をやめれば、その分、肉や油はいくら食べてもOK」などという怪しげな言い訳が蔓延しています。
(1)炭水化物制限
「炭水化物を取りすぎるとインスリン分泌が増えて肥満になる」という考え方が広まっています。
これは一見正しいようですが、実は逆。
炭水化物を制限すると生命の維持に必要なブドウ糖が不足するので、脂質やタンパク質からブドウ糖をつくらなければなりません。この「糖新生」の副産物としてつくられる遊離脂肪酸がインスリン感受性を下げるため、結果的にインスリンの分泌を増やすのです。
十分な炭水化物があったほうが、無駄なインスリンを分泌しないので、うまく血糖をコントロールできていたのではないか」という説が唱えられています。
炭水化物は毒ではないのです。炭水化物の食べ過ぎが体に良くない、ひいては肥満の原因になるのですね。何事も適量が大切なのです。
(2)焼酎ならいくら飲んでも体に良い?
お酒に関していえば、日本酒やワインに含まれる糖質は、重症の糖尿病の人以外には問題になるような量ではありません。
それより危険なのは「焼酎ならいくら飲んでも体に良いから、どんどん飲んじゃえ」と日本酒を飲んでいた時よりアルコールの量が増えてしまうことです。
まったく同じアルコール量なら、日本酒を焼酎に変えるのも悪くはありません。
実はお酒より気をつけないといけないのは、おつまみです。
お酒を飲むときは、焼肉、揚げ物ばかりではなく、お浸し、酢の物、海藻、豆類をしっかり取るようにしましょう。
【今日のSAニュース】
昨日はグローバルキャストの川口社長、三澤社長、幹部メンバーでの会食がありました。
幹部の皆さん、今日からの営業活動に役立ててください♪
期待していますよ~(^^)
今日も元気にいってらっしゃい☆

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る